SPECIAL PAGE

ローファーのガバガバ感を改善!!

2013/09/03

シークレットページ初の投稿になります。

今回はローファーの中敷き作りです。

皆さんはローファーをお持ちですか?
ローファーは紐がなく甲の設定とカカトのホールドのみで履くため、サイズ感が非常に難しく、一般的には小さめのサイズを選ぶのがベターです。

ですが、デザインが気に入って買ったローファーがガバガバで履きにくいという経験はないでしょうか。

今回はそういった依頼を受けまして、中敷きを工夫することで、ガバガバのローファーも履きやすくなるという例を。

といっても、これから①から⑤までの内容、③以降が重要で、①、②はどうせ直すならこだわりたいという内容ですので、合わせてご覧になっていただければと思います。




写真 2013-09-03 10 38 36写真 2013-09-03 10 39 18 ①まずは紙型作りから。
市販の中敷きでもいいので靴に入れてみて、つま先が足りない、サイドが大きすぎて余る、など大まかに把握したら厚紙にトレースします。
今度はそのトレースした厚紙を靴に入れてみて少しずつ、靴の中の大きさに修正していきます。



ほんの数ミリカットするだけで、だんだん靴の中の大きさに合っていきます。
この作業は地味ですが、最後の履き心地に関わってくるので大事です。



写真 2013-09-03 13 00 43 ②次に、クッションを革と張り合わせて、完成した紙型に合わせて裁断します。
自分はこの作業に気づかず、クッションと革を別々に裁断してしまい…..






!!!!!!!







これ張り合わせた後で裁断したほうが早くない!?






と気づいた時にはすでに遅く…..

そのあと裁断したクッションと革を張り合わせて、微妙にズレる、接着剤が強力過ぎて、微修正がきかずイライラ….。

という非常にめんどくさい内容になってしまいました。





気を取り直して、
写真 2013-09-03 10 50 07写真 2013-09-03 12 56 53 こんな感じになります。

カカトはこれ以上厚くすると、さらにカカトに足が引っかからなりそうなので、これぐらいで。






③靴の前半分の厚みを出す(サイズ感をきつくする)ことで、甲部分のホールドを良くします。
①、②といろいろ準備しましたが、ローファーのガバガバを直すポイントは、正直ここだけになります(笑)。


写真 2013-09-03 12 57 24写真 2013-09-03 12 58 52 今回は5ミリくらいの分厚い革を前半敷きに使用しました。
これだけ分厚い半敷きですから、半敷き終わりの部分に段差があり、履き心地が悪くなりますから、グラインダーで薄く漉きました。
できるだけ薄くしようと、革のギリギリを攻め過ぎて、自分の爪も少々削れてビックリ!!



写真 2013-09-03 13 32 10 (HDR) ④試しに敷いてみて、履き心地を確認。

!!??

この時点で、最初の履き心地と全く違うことに驚き!!!!



写真 2013-09-03 13 37 05 まだ少しゆるいようなので、先ほどのクッションをもう一枚全敷きと半敷きの間にはさみます。






合体します!!!!
写真 2013-09-03 13 38 54写真 2013-09-03 13 49 32


こんな感じになりました。→

















写真 2013-09-03 13 32 47 (HDR) ⑤そして、接着剤を乾かして完成!!

このホールド感は感動です!!


今回のカスタムは前半敷きを入れることで履いた時、甲部分をしっかりと止める、そうすることで、靴の先まで入りすぎる足をカカト寄りに抑えて、カカトに引っかかり易くする、という仕組みです。

細かく修正しましたが、この内容は市販の半中敷きを適度な枚数重ねることで簡単に代用できます。
靴の中でズレてしまいますが、ローファーのガバガバ解消にぜひお試しください!!














シークレットページへようこそ

2013/08/23

まず最初に、





このページを見つけていただき、ありがとうございます。







ここはまったく告知をしていない



知る人ぞ知るシークレットページになります。







シューズケアの仕方やおすすめのケアアイテム、




靴作りの話など、





お得な情報や靴の専門ならではの内容を勝手に更新していきます。






靴好きな方々が




「更新してるかなぁ」



と楽しみにしてくれるようなページにしたいと考えております。





今後ともよろしくお願いします。